LOOKING FOR FREEDOM

HiDE’s BLOG

月: 10月, 2012

Branch point

人は誰もどんな生き方をしてても
何処かで分岐点をむかえる
それに気付かずに生きていくか
気付いて次のステップを踏むか
ココで大きく変わってくると思う
この分岐点てやつは厄介なもんで
分岐するわけだから当然失うモノがあるし
逆に得るモノも有るんだが
それより失う事を恐れて見て見ぬ振り
ってに人も少なくないだろうと思う
次を目指すか、そのままの環境で今まで通り
変化を求めずに今のままを通すか

俺は周りから言われても気にはしないが
自分から変わりたいと思えば失う事は恐れない
同じ環境で頭打ち、これ以上は自分は伸びない
そう感じたらそこから飛び出て
新たな環境を模索して求め歩く
それをせずにぬるま湯に浸かってても
俺のような男はダラけるだけなのさ

ようやく分岐点を通り抜けて
今度の行き先が見えてきたようだ
雑音も気にならなくなった!

2006年12月倉敷が最初の分岐点だった
もしかしたらあの時から分岐点で
出口を探し回ってたのかも知れない
長いことかかったかも知れないが
俺にとっては必要な時間だったのさ
今はそう言える俺だよ。

20121031-174741.jpg

広告

I live in now

今を生きる
今を生きなければ明日も無い
昨日を振り返るだけでも明日は来ない
生きると言う事は今を生きる事
自分を生きると言う事だろ
人の動向ばかり追いかけて能書きたれて
そんなので生きてるのか?
自分を生きる事が肝心なんだよ
上手かろうが下手だろうが自分の道を進み
ステージに立つ人間か
周りに守られ能書き垂れ満足してる奴か
能書きたれてる奴には死ぬまで分らないだろう
自分を貫くって言う事の意味はね。
逆風を切り裂いてステージに立った人間は熱い
熱くなきゃ恥ずかしいのは今も同じ
今を生きて明日を迎える・・・
それが人生って旅だてことだろ?

Voyage of the fine autumn day

昨日の雨とは打って変わり秋晴れの空
昨日と一昨日は二日間共ライブ観戦した
土曜日のL-WORDsでのライブは視察も兼ねて
演者の2人は共に熱いアーティストで共感でき
俺自身熱くなるのを抑えられなかった

東京ナイトで友のオープニングアクトを勤めた
この時は船出ではなく俺の湿気た導火線に
火を付ける為に友が東京まで来たと俺は思ってる
そして本当の船出は12月8日土曜日
あらためて一歩を踏み出すのに今日は秋晴れ
今日の富士山は微笑んでくれたように思えたのは
俺の気持ちのせいかな?

20121029-120529.jpg

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。