Young days

夢を抱えて走り回ってた日々
若き日と言うよりまだまだ子どもだった
車を乗り回し夜明けまで走り回った
女より車を走らせる事が好きだった
いつでも車が傍らにある生活だった

今は傍らに常に有るのはギター
俺の人生には若き日は自動車
今はギターが相棒として居てくれる
いや何時も何かを見据えてるからなのかも
ただ仕事だけの人生だった時期もある
回り道もした、だけどそれらが有るから
今の俺があるんだ・・・
だから歩いて行けるんだよ。。。

広告